見渡す限りサンゴ!極彩色の群れ&カメ!
日本の皆様、これがリゾートです!

羽田からマニラを経由し国内線でボホール島のタグビララン空港へ。橋で地続きになってるパングラオ島へ車で渡ると、白いビーチが目の前に広がるこじんまりとした隠れ家風リゾートへ。

部屋の目の前は海!ちなみのこのビーチ、潮が干くと小さなコメツキガニだらけに。ぜひ散歩がてら探してみてください。

朝食も海見ながら食べられます。朝からマンゴーをキメキメです。

ダイビングは、フィリピン特有の構造のバンカーボートに乗ります。この形、本当に揺れないので、船酔い心配な人も安心です。

床面積が広いので、居住性も高い。そんなフィリピンならではのボートから見える景色はこんなヤバい青!!!!

現地に誰がいるの?

ワイドからマクロまでお任せのボホールガイドNO.1のカズさんと・・・

美味い店からナイスなお土産まで陸のことはずべてお任せのアミさん!

イケダの沖縄時代の仲間ご夫妻のダイビングサービス「アクアジャーニー」さんにお世話になります!

ボホールの海の実力は・・・?

いよいよエントリー!

ボホールはなんと言ってもサンゴが素晴らしいんです。足の踏み場が無いほどの群生が延々と広がっています。「中性浮力とらなきゃいけないって理由がよくわかりました!」と、よく言っていただけます。

正直、世界中潜ってると「10年前はもっとサンゴ綺麗だったんだ」とどこの海でも言われます。きっと10年後も同じことが言われるのでしょう。しかし、僕は声を大にして言いたいのです。「ボホールのサンゴは凄い、世界の宝だ」と。この凄さがいつまで続くかはわかりません、ぜひ今回あなたの目で見て間に合ってください。

全てボートダイビングで、パングラオ島とバリカサグ島を潜ります。

底が見えないくらい深いドロップオフ沿いに、潮流にのってブン流されていきます。
浮きも沈みもしない「中性浮力」をコントロールして空飛んでる気分です。サイコー!
ボホールはカメも多いです、カメファンの皆様も満足していただけるはず!

「太平洋にすむ海洋生物の起源をたどると,この海域に行き着く」

フィリピンの海と言うのは、「太平洋にすむ海洋生物の起源をたどると,この海域に行き着く」と言われるほど多様な魚種で、ベテランさんをも唸らせるところなんですが、多いのは種類だけじゃなくって、量も多いんです!バリカサグ島では、ギンガメアジのド群れを狙いましょう!

文字にすると・・・

ギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジギンガメアジ

画像だとこんな感じ!

他にも・・・

休憩中にマンゴー食べたりとか・・・

マングローブ茂る汽水域で超マニアックなダイビングしたりとか・・・

ヘンテコな魚と泳いだりとか・・・

トロピカルフィッシュに癒されたりとか

水玉パンツはいてねーか?このサカナ!

アフターダイブは?

で、ぜーんぶおわると、この夕陽。

夕凪の鏡のような海が恐ろしいほど鮮やかに染まります。今日も一日あそんだなー!っていう充実感で胸いっぱいになります。

お土産買いに、地元の市場へ。
ドライマンゴー買ったり、お菓子買ったり。お酒買ったり。
ボホールには素朴でいいものがいっぱいあります。

フィッシュマーケットも見学できます。(マンタやクマノミまで売ってました、食えるのか??)

ビーチに直接テーブルがセットされてる小粋なレストランでのディナーもロマンチックです!エビとかカニとかいっぱい食べましょう!

【日程】2018年5月17-20日(3泊4日)
【ネームエントリー締切】2/10
【最低開催人数】4名様
【金額(税別)】
ビジター¥200,000
メンバー¥180,000
デポジットあり¥160,000
料金に含まれるもの:往復の飛行機、2日間6ダイブ、バリカサグ入海料、全宿泊、全食事
料金に含まれないもの:租税公課、レンタル器材、
【参加資格】アドバンスダイバー以上
*ドリフトトレーニングが現地で開催可能です。