(3/26追記・改定)

当スクールでは、新型コロナウィルス対策として、講習/トレーニング開催にあたり以下を実施させていただきます。お客様の健康と安全を考慮し、ご安心してご利用いただけますよう、今後も努めてまいります。

スキューバダイビング活動ご参加にあたり

(1) スタッフ含め参加者は全員、事前に家で体温を測り、発熱の有無を確認してください。 体調が悪いと感じる人は参加をお控えください。ダイビング中に体調が急変した場合には、すぐにスタッフへお申し出ください。
(2) 屋内外問わず、うがい/手洗いの励行をお願いします。
(3) 花粉症の季節でもあるので、マスクを着用してください。
(4) 咳やくしゃみが出そうになったら、まず人のいない方向を向いてティッシュなどで口を覆い飛散を防いでください。
(5) 屋内では手指の消毒アルコールをご用意しております。
(6) ロギングは屋外で行います。寒暖差に備えた服装でお越しください。
(7) 日程お振替できる方には対応致します。
(8) 移動中の車両は窓を開けさせていただきます。
(9) 現地までは出来得る限り自家用車でのご移動をお勧め致します。

さらに当スクールでの取り組み

1レンタル器材

DAN(ダイバーズアラートネットワーク)、CDC(アメリカ疾病対策センター)の指示によると、家庭用クリーナー(10%漂白剤)等が有効だそうです。

レンタル器材は、レギュレータ、マスク、スノーケル、インフレータの接する部分の除菌と洗浄を徹底しております。

該当ページ(英語)

2キャッシュレス決済導入

会計時に物理的接触がないオンライン上でのキャッシュレス決済が可能です(PAYPAL)

海洋環境について

プール/海洋では概ね感染しにくいとのことです。

(20/03/25放送 ANN)

屋内の閉鎖された環境に比べ、風通しの良い/紫外線の多い海洋空間は、公共交通機関での移動中をクリアできれば、感染症を防ぎやすい環境と言えるかもしれません。

一般的な感染症対策や健康管理を心がけて

安心・安全を高めるために一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策

石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒でこまめに手を洗い、咳エチケットに努めましょう。

引用元:首相官邸ホームページ 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~

下記のいずれかに該当する方は、受講をお断りさせていただきます。

(1) 過去20日以内に中国、韓国、イラン、欧州への渡航歴がある
(2) 20日以内に中国、韓国、イラン、欧州へ渡航歴のある方との接触をした方
(3) 発熱(37.5℃以上)、咳、のどの痛み、体調不良の自覚症状がある方

人は心が満たされると、身体の免疫(NK細胞)も上がると言われています。海で活動するための一つの指針として、感染症対策についての提示させていただきましたが、今後、政府の方針により中止せざるを得ない場合や、甚大な感染拡大などの状況においては、講習の日程変更の判断をさせていただく可能性がございます。

その際、受講生の皆さまには、LINE公式アカウントメッセージや、メール、HP等でご案内をさせていただきます。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。