伊豆初夏。
水中では魚たちの恋の季節がやってきます。


梅雨が終わり夏の訪れを感じる頃、海中では恋の季節がやってきます。

イトヒキベラのオスがクールなブルーメタリックの婚姻色になったり、
オハグロベラのオスが木版画な婚姻色になってきたり、どんどん夏のサインが増えています。

P7180390

自分を着飾り相手を探す為アプローチを繰り返す魚たち。
その一方でアオリイカは命をかけた求愛のバトルを開始します。

多くのダイバーがアオリイカに魅せられる理由。

(去年は海洋公園にもアオリイカが!!)

ご存知の方のいらっしゃるかと思いますが、一年で繁殖をして死んでしまう魚のことを〝年魚〟と呼びます。
アオリイカはその年魚にあたり、相手を見つけ、卵を産み付けると次の世代に命を託し、力尽きて一生を終えるのです。


(1つの房の中に卵が4、5個入っているというエンドウ豆システム。)

最期の力を振り絞り、相手を見つけ、敵と戦い、産卵をします。
キタマクラに生きたままかじられて、ヒレがボロボロの個体もいます。
産卵床にはいまかいまかと、
弱ったアオリを食べようとウツボが待ち構えています。

そんな最後の命の炎を燃やす姿に、生命の美しさに、我々ダイバーは魅せられるのでしょうね。

アオリイカの産卵床を地元の漁師さんが設置してくれています。

漁師さんが椎の木を切って束ねて沈めてくれた産卵床に、アオリイカが卵を産みつけます。
下に動画の下に見える白い房がアオリイカの卵です。

ただでさえ大きいアオリイカ、多ければこの産卵床に30ハイとか50ハイとか集まってきます。

動画では少し分かりにくいかもしれませんが、アオリイカのオスメスの見分け方は意外と簡単です。
オス→背中の模様が横線のシマシマ模様で体は大きい
メス→背中の模様が点々(ドット)模様で体は小さい

ここがわかると、海中で観察した際に体の小さなオスが必死にメスを奪おうと奮闘していたり、オスに取り合いをされて右往左往しているメスがいたり。
「私の為に争わないで!!」と言っている様なシーンに遭遇しているのがきっと感じていただけます。

P7180402

この距離でその熱いバトルを目に焼き付けて下さい!
潜ったダイバー誰もが釘付けになる光景がそこにあります。

P7180390

P7180406

「え〜イカ〜?」
って言っていた方ほど、夢中になって体が冷えて震えるまで動かないんですよね。笑

P7180399

勝手にストーリーを創造してアテレコするのも、オススメです。

P7180398

ダイバーだけが知っている
命の儚さ、生命の神秘を一度、その目で確認してみてくださいね!

*野生生物のため、環境条件のよりいない場合があります。

詳細

【日程】
6/13(土)
【ポイント】
富戸、川奈、伊豆海洋公園のいづれか
*アオリイカ次第でポイントを変更します。

【金額(2ビーチダイブ・税別)】
一般¥14000
デポジット/チケットあり +¥0
*レンタル器材別途
【参加資格】
アドバンス以上

↓サイトを見て生じた疑問はLINEでサクッと解決!↓

\ご予約前にLINEでお問い合わせ/

友だち追加

↑なんでも最初が一番肝心、どんな些細なことでもOKです!↑