梅雨は凪が多い

せっかく初夏の陽気になってきたのに、なーんで梅雨なんかくるんだろう?お嘆きの方も多いでしょうが、梅雨は必ずやってきます。

梅雨は停滞型の梅雨前線によってもたらされる短い雨季で、世界でも東アジアのみ起こる現象なんだそうです。

雨が降ると海が荒れると思われがちですが、この梅雨前線は日本より南に停滞している場合、風があまり吹かず、波も立たないベタ凪になることが多いです。ダイビング屋さんのブログには「鏡のような」とか「湖のような」とか「ツルッツル」とか「ベッタベタ」というような文言が並び、未経験者・初心者の方、ブランクダイバーさんに最適な、穏やかな海況となることが多いです。

梅雨時期は意外と穴場

マリンスポーツはどっちにしろ濡れます。意外と海の中に入ってしまえばピースフルな世界で、ダイビングが終わって水面に上がってから「あ、雨降ってたんだった」と思い出すくらいです。

(この日、雨降ってました)

ダイビングは快楽追求型の遊びなので、そりゃ晴れてるほうが気持ちがいいものです。でもまた同時に、大自然を味わうレジャーでもあります。どんな天気や海況もひっくるめて海を味わいたいものです。ずっと晴れの日はないけど、ずっと雨の日もありません。

「(雨が降ってて、とか、透明度が悪い)せいで、つまんなかった〜」と言ってしまっては、自分のせっかくの休日を自分で台無しにしてしまうことになります。

そういう状況だけれども、視点を変えて生物を探したら初めて見るものを見つけられた。最高の写真が撮れてしまった。海中の色が変わって意外と気に入った・・・どんな天候や海況でも楽しめる人のほうが、遊び人としては格上です。

誰かに楽しませてもらう、何かのせいでつまらなかった、と受け身にならずに、大自然に対して主体的に取り組んだほうが、夢中になれる発見がいっぱいあります。

準備した人だけがこの夏に笑う。笑いましょう!

太平洋高気圧が勢力を増し、梅雨前線を北へ押しやるといよいよ真夏に突入します。
ただ夏は混雑するのも確か。人数少ないグループでじっくり練習みてもらいたい人は、梅雨時期がオススメ。

真夏はもうすぐです!

↓サイトを見て生じた疑問はLINEでサクッと解決!↓

\ご予約前にLINEでお問い合わせ/
友だち追加

↑なんでも最初が一番肝心、どんな些細なことでもOKです!↑