はじめてラフィンのサイトにお越しになった方へ

こんにちは。
伊豆ラフィンダイビングスクールのイケダと申します。

(お客様に撮っていただきました)

いきなりですが、質問させて下さい。
あなたの人生を変えた一言って、いくつありますか?
今思うと、僕には3つありました。



小学生の頃、「将来の夢」書く授業がありました。
周りの皆は、スポーツ選手や、親御さんの職業を書いたりしていました。



僕の父親は手先が器用で、ドアや障子を作る建具屋という木工職人でしたが、
残念ながらその才能を受け継がなかったので、「宇宙飛行士」と書きました。

選ばれた人だけが行ける、未知の世界への探検。
まだ見ぬ宇宙人や隕石、説明がつかない物理法則を発見し、そして持ち帰る。
そんな夢を書きました。

実際はそこまでなりたかったわけじゃなくって、
同級生の石田くんが「一緒に宇宙飛行士って書こうぜ」って誘ってくれたから書いただけです。

今思うと、僕の人生はこの一言がスタートです。

(マレーシア・シパダン島にて)

2つ目の転機

学校の先生になりたい人ばかりの教育学部しかない大学に進みましたが、
その頃の僕は将来何をしたいのか、まったくわからないままでした。


人生を送る目的も方向も手段もわからなかった。だから就職活動もできず、
学生時代のバイトであった予備校講師が、そのまま仕事になりました。



美大とか芸大に行きたい子たちのための小さな予備校でした。

出来た、理解ったの瞬間、彼らが見せる笑顔がすごく嬉しかった。こちらの教え方を変えると、彼らの理解のスピードも変わったことに驚きました。



「伝える」ということに技術が必要ということを知れたことは大きく、何より、自分が伝えることで、他者に喜んでもらえるという手応えがたまりませんでした。


「人に何かを伝える」という道を今思えば、この時から歩み始めていました。

しかし、確かに楽しい仕事ではあるけど、そんな刹那的な感情でずっと続けていってはいけないな、でも予備校以外に何を伝えたら良いかわからないなって悶々としてたある日。

友達のシゲが教えてくれた一言が、僕の人生に転機をくれました。

「小笠原で漁師を募集してるらしいよ」

今考えてもよくわからないんですが、たしかに稲妻が僕の頭に落ちました。


それで小笠原の漁協の番号調べて、勇気を出して電話しました。
ダイヤル式の公衆電話、長い市外局番でした。
今でも覚えてます。04998。

僕「あの、漁師募集と聞いたんですが・・。」

漁協の人「いいえ、してません」

秒殺・・・。


いつもの僕ならそこで諦めるんですが、この時は何故か食い下がりました。未体験の世界に行きたかった。
何かに呼ばれている気がした。

僕「未経験者でも出来る仕事はないですか?」

漁協の人「あー養殖の方ならバイトがあるかな」

翌週僕は、小笠原行きの船の上にいました。

島についたら「ギョサンをコイワイで買ってきて」とだけ言われて、海パン1枚で小さなボートで沖に浮かんだ養殖場に連れて行かれました。

飼ってるのはマダイ、シマアジ、カンパチ、それと葛西臨海水族園で展示するウメイロモドキが少しでした。たしか。

(小祝商店はこの通りにありました、というか今もあるはず)

シマアジの親魚は釣りキチ三平のどこぞの主のようにでかいし、マダイは餌をあげるだけ食い続けて終わりのタイミングがわからないし、休憩中(と言っても生け簀の上なんですが)釣りをするとハリセンボンがかかるし、水音で振り返るとでっかいエイが現れるし。

みんなマンタだ!って騒いでたけど、その頃の僕はマンタという単語すら知らなかった。

休暇の日にドルフィンスイムに連れてってもらって、港でた途端にイルカ群れに囲まれて。

ただただ驚き、そして決めました。
「海すげぇ。海で僕は生きたい。」

(初めて見る野生のイルカ、感激したなぁ)

海を仕事場にするようになって、以来20年以上が経ちますが振り返ると「自分の心が喜ぶことをする」という考え方は正解だったと思っています。


こうしてきた理由は明確です。

「充実させるべき自分の命の時間には、限りがある」からです。

そして僕は、
文集に書いた夢、宇宙飛行士になる道を歩み始めます。

最大の転機が

内地に戻り、どうしたら島生活ができるか考えました。
島はとにかく娯楽が少ないのがつらそうだったので、マリンスポーツを趣味にしようと考えました。


ドルフィンスイムのときに息が続かなくて苦しかったことを思い出して、「スキューバダイビングならできるかな?」と考え、ダイビング屋さんにCカードを取りに行きました。

でも僕はダメ人間でした。
水が怖かったんです。


マスククリアも鼻から塩素の味する水いっぱい飲んで、「池田くん、しょぼいからもう1日プールやろう」って言われました。

そしてこれが、最大の転機でした。


「あれ?ダイビングを教えてる人がいるじゃん!」


僕はダイビングインストラクターという手段をついに見つけました。

1997年のことです。



最初は「おまえにはまだ早い」と言われるポイントばかり。


はやく上級者ポイントに潜らせてもらいたくて、海に通い続けました。
今考えるとあまり練習したって自覚はなかったかもしれません。
楽しくて楽しくて。

突き落とされた激流の海、オーバーヘッドの波、大物に遭遇して絶叫して、洞窟と光のシャワーを浴びて、小さい命のひたむきさに心わしづかみにされて、自然の造形美に感心して、好きなことだけで繋がった年齢も職業も違う人たちとゲラゲラ笑い合う。

僕の宇宙は、どこかの社長が開発したロケットのように莫大なお金は不要です。


宇宙船に閉じ込められたまま、
無機質なモーター音を聴きながら、
分厚いアクリル板の向こうに広がる空間を眺めるだけではありません。

エキサイティングな無重力状態での船外活動もできます。


見たこともないヘンテコなデザインの宇宙人とも遭遇しています(あ、「タコみたいな宇宙人がいる!」とあなたが思うであろうそいつは、おそらくタコです)。

「こっちの世界に、ようこそ」

海中は器材がないと呼吸すら出来ないという点では、宇宙と同じです。


NASAの宇宙飛行士は大きなプールにセットを組んで、船外活動の練習をしているほどです。


プールで塩素の水を味わいまくったあの日から、あっという間に20年以上。


僕は海という宇宙を知って人生が変わりました。


海を通じて「ダイバーというライフスタイルの素晴らしさ」をお伝えする側になり、
「ダイビング、楽しいよ!」だけじゃなく、

「ダイビングで気づくこと、日常に活かせるよ!」



と、もっといい指導法を追求し(父親の職人魂を受け継いでいると気が付きました)、
いろんな失敗を糧にしながら、自分のスクールを経営できるようになりました。

僕も最初はここまでハマるつもりはありませんでした。


「宇宙飛行士って書こうぜ」と誘ってくれた石田君。

「小笠原で漁師募集してるらしいよ」と教えてくれたシゲ。


彼らの一言がなければ、僕の無意識はこの道に反応しなかったはずです。

本当に感謝しています。

月並みな言い方ですが、大事なことはみーんな海や自然が教えてくれた気がします。それをお伝えすることで、彼らのように「誰かの人生のプラスになれる存在」になりたくて、
僕は伊豆でダイビングスクールをやっているのかもしれません。

あなたもダイバーになりませんか?
こっちの世界に、ようこそ。

「よりラフィンを知りたい」

初心者ライセンスコースを知りたい

お問合わせはLINEからでもお受けしています。ご登録は下記からどうぞ。

友だち追加