初めての冬、乗り切れるか不安な新米ダイバーさんへの秘密兵器!

こんな不安を感じていませんか?

今年初めて冬の海を潜るけれど、私は寒さに耐えられるのか・・・?
・冬はどんな装備で潜れば暖かくなるんだろう?

ベテランダイバーさんのお悩み・・

・分厚いウィンターグローブだとBCのバックルやベルトの位置がわからなくていちいちめんどくさい
細かいカメラの操作が思ったようにできなくてムカつく
器材洗い場の水が冷たくて、泣きそう。

それを解決するアイテムが今年も入ってきました!

スタッフも長年愛用するそのアイテムとは?

それがZEROのウィンターグローブ「フィットエアーグローブ」です。

春〜夏の間で使うグローブ(レンタルのそれです)は、「3シーズングローブ」と呼ばれ、水を通す生地で作られていますので、水が入ってきます。

ウィンターグローブは水を通さない生地で作られています。手首のところからだけ水が侵入しますので、ダイコンとかリストシールで締めちゃえば完全に水が入らない作りになっています。

従来のウィンターグローブは、生地厚を厚くしてしまうので、細かい作業をする時にストレスが生じます。

ところが、伊豆ではそんなに分厚さが必要なほど、水温は下がりません。

つまり「薄くても、暖かい」グローブが欲しいんです。

分厚いウィンターグローブになってしまう理由は、寒さ対策の他にもう一つ理由があるのですが、この従来品のデメリットを解決したのがフィットエアーグローブです。

このグローブの特徴は?

なんといっても生地厚わずか1,5mmという薄さでしょう。

こんなに薄いウィンターグローブ、今までになかった理由は「職人さんの技術力」です。

画像の生地断面図を御覧ください。

紫色のジャージ部分と、黒のゴム部分のうち、黒ゴム部分に縫製ミシンの針が貫通してしまうと、その穴から冷水が侵入してしまいます。

このグローブは、この紫ジャージのみを縫い合わせる技術力が必要なんです。
(現行品はブラックです)

製造を海外に回してしまう他メーカーと違い、ZEROのこの商品は純国産、経験のある日本人のベテラン職人さんだからこそと言えるかもしれません。

聞くところによると、そのZEROの中でもこのグローブを作れるのは、たった3人だけという難しさとか・・。

薄くても丈夫!

痛みやすい指先は、ゴムをディッピングしていますので、岩を掴んでも穴が空きにくくなっています(中性浮力という点を考えたらあまり掴まないほうがいいですね〜)。

ZEROとは?

特にドライスーツに定評のあるスーツ専門メーカーです。私達レジャーダイバー、インストラクターだけでなく、水中土木関係者や、漁業関係者からも絶大な信頼を受けています。

(ラフィンにも愛用者多数!流氷ダイビングにて)
極寒のロシアの蟹漁師たちも、ZEROスーツを使っているんだそうです。

「でも、お高いんでしょ〜」

そんなメーカーが作るグローブ、クオリティが高い分、本来ならば価格も高くなるんでしょうね。

ところが!

ウィンターグローブの相場が¥8,000〜¥10,000のところ、
このグローブの定価は¥6820(税込)

ラフィン価格は¥4,590(税込¥5,050)です
(ベストシーズンを暖かく潜ってほしいから某量販店M◯Cより安くしてます)

ですが、サイズも数もあるだけです。
早いもの勝ちになりますので、店頭にてご確認ください。

*製品の性格上、店頭でのご試着をお勧めします。サイズはXS〜XLまでございます。

冬の海の楽しさをZEROのウィンターグローブで思いっきり満喫しましょう!

寒さに気を取られる事なく、透明度の高い海を全身で感じ
そして、ダイビング後に芯から温まる至福の時間も皆んなで楽しめます!

パチパチと音を立てて破ぜる薪ストーブを囲んで
「うまい〜」と言いながら食べるお雑煮も冬のダイビングだからできる遊び方です。

冬にはサメやエイなどの大きい生き物がたくさん出現!
感動の瞬間を逃さずしっかり写真に納められます。

冬の透明度が高い時期だからこそ潜る沈船でのダイビングも楽しみですね!

最高だと言われる冬の海を満喫して、仲間と過ごす楽しい時間をさらに増やしてくださいね!

↓サイトを見て生じた疑問はLINEでサクッと解決!↓

\ご予約前にLINEでお問い合わせ/

友だち追加

↑なんでも最初が一番肝心、どんな些細なことでもOKです!↑